失敗しない油圧装置のつくり方

設計において、お客様の情報は、とても大切です。お客様に満足して頂ける商品をご提供する為に、失敗例を基にした当社の5つのお願いです。

1)予算について優先事項がある場合。

失敗例
失敗例
◆特殊な機能、または形状で設計後、コストにより、機能を下げる場合。
矢印
解決策
◆費用を優先される方は費用の予算を事前に教えて下さい。 解決策

■☐■☐■

2)使用方法について。

失敗例
失敗例
◆使用方法が担当者様と当社で違っている場合。
矢印
解決策
◆使用方法や環境など当社に教えて下さい。(FAXでも可です。) 解決策

■☐■☐■

3)別所で作成された図面を使用される場合。

失敗例
失敗例

◆以前の(他社の)納入図があって、当社にシリンダーの製作を依頼される場合。

矢印
解決策
◆以前に納入された図面を基に作る場合、もとの図面には材質の記載のない物があります。お手数ですが、知っている限りの情報をお知らせください。 解決策

■☐■☐■

4)納期の決め方。

失敗例
失敗例

◆口頭注文での発注による納期厳守。

矢印
解決策
◆納期を明記の上、注文書の発行をお願いします。 解決策

■☐■☐■

おじぎ

お問い合わせはこちらから

当社は油圧・水圧を通じたエンジニア会社としてお客様をサポートし 油圧・水圧のバランスのとれた提案を行います。

そして!
油圧の配管、技術でお困りの方は問い合わせまでお声をおかけ下さい。
当社の技術がご相談をうけたまわります。

お問い合わせはこちらへ
↑クリックでメール、お電話、FAXなどでのお問い合わせ方法ご案内のページへとびます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。